積極性

伸びる人と伸びない人

同じような環境で同じような教育を受けてきても、ビジネスマンになってどんどん活躍する人とほかに埋もれてしまう人とが出てきます。
なぜこのような差が生まれるかというと、行動力が関係しているのではないでしょうか?

皆さんの中でどんどん出世している人、周りから注目を集めている人がどのように仕事をしているか観察してみましょう。
そうすると、積極的に自分から行動しているのがわかりませんか?
実はこのように自分からどんどん動いてみるということは、周りの注目を集めます。

たとえ結果が出なかったとしても、自分から動いてみる習慣をつけましょう。
そうすると見てみる人は見てくれ、評価してくれるはずです。
失敗を恐れず行動してみるということを、常日頃から意識してみると現状打破できる可能性が出てきます。

消極的では助けてくれない

他人が何を考えているのか、ということはなかなか読めませんね?
行動に移してくれないと、その人がどういう考え方をしているのか周りは理解できません。
ビジネスもそうで、動かないと成果は出てこないわけです。

会社の中で、他人や会社の批判をしている人はいませんか?
いろいろなことを言っている割には、自分はどうなんだというと、全く動かないという人もいるでしょう。

このような人をはたしてあなたは評価しようという気持ちになりますか?
そのような人は皆無といってもいいでしょう。

自分から動かす努力もしない人は、周りは誰も構ってくれないでしょうし、評価を受けることもできません。
もし会社の業績が落ち込んでいて大変な状態なのであれば、
真っ先にクビを切られるような人かもしれません。

積極的に動くこと

ビジネスで成功するためには、とにかく積極的に動くことを意識することが重要です。
「これをすれば会社のため、自分が仕えている上司のためになる」と思うのであれば、どんどん提案をしていきましょう。

中には間違っていることもあるかもしれませんし、すぐに実行に移せといわれてもなかなか実現できないこともあるかもしれません。
しかし提言をしてくれれば、言われた方は印象に残りますし、何かの折に言われたことを思い返すこともあるかもしれません。

このように自分で積極的に動くことは評価を上げることはあっても、落とすことはまずないでしょう。
中には「もし自分の言っていたことを受け入れてもらえなかったら…」とか「自分の言っていることが間違っているとしたら…」という不安を抱く人もいるかもしれません。

しかし尊敬される上司であればおそらく、「失敗を恐れず、どんどんチャレンジしろ!」といってくれるはずです。
たとえ失敗したとしても、そこで何かを学習します。
その中に今後成功するためのヒントが隠されている可能性も大いにあるわけです。