バランスの取れた食事

人の体は、食べたものから作られる

人の体は、毎日の食事から作られます。
ですから健康でいるためには、栄養バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

例えば納豆が体にいいからといって、納豆だけを食べていたのでは健康な体を維持することはできません。
食べ物から摂取する栄養素は、さまざまな種類をバランスよく取ることで体に吸収されやすくなり、効率よく働いてくれるからです。
ではどのような食事を心がけると良いでしょうか。

バランスのとれた食事とは?

栄養バランスの良い食事メニューを考えるときの基本となるのが、次の5つの種類の料理グループです。

まず、ご飯やパン、麺類などの主食が基本です。
これに肉や魚、大豆、卵などタンパク質を多く含む主菜、野菜や海藻等をたっぷり使った副菜、そして牛乳やチーズ等の乳製品、りんごやいちごなどの果物です。

食事の献立を考えるときは、ご飯などの主食、メインとなる主菜、野菜を使った副菜、それに野菜や海藻を使った汁物を基本に考えましょう。

それぞれの役割

では主食、主菜、副菜、乳製品、果物には、それぞれどのような役割があるのでしょうか。

まずご飯やパンなどの主食は、からだを動かすエネルギーとなります。
ご飯やパンなどには炭水化物が多く含まれており、炭水化物は体のなかに取り込まれると血中で糖に変わります。
この糖は、食べてすぐにエネルギーになりやすいのが特徴で、からだや脳を動かす即戦力となる重要なエネルギー源です。

肉や魚、肉、豆類などを使った主菜は、たんぱく質が多く含まれます。
タンパク質は体内でアミノ酸に分解され、筋肉や血液、内臓、髪の毛、爪などを作る働きをします。
それだけではなく、ホルモンや遺伝子であるDNA細胞、免疫細胞、酵素といった健康上欠かせない物を作るのもアミノ酸です。
ですから、タンパク質が不足すると筋肉が衰えたり、免疫力が低下したりしてケガや病気になりやすくなります。

副菜はビタミンやミネラル、繊維質がたっぷり含まれた野菜や海藻、きのこなどを摂取できます。
体調を整えるためにも、必ず取りたいのが野菜です。
野菜不足だと感じている人が多いと思いますが、副菜や汁物で野菜をたっぷりとるように心がけましょう。

乳製品は骨や歯を丈夫にする役割を担っています。
特に女性は骨粗しょう症になりやすいので、積極的に取ることをおすすめします。

果物はビタミンやカリウムといった体の状態を整えるのに必要な成分が豊富です。

(参考記事)
食事バランスガイド – 農林水産省

農林水産省がこれらの5つのグループからどのくらいの量を摂取すればよいのかの目安となる、食事バランスガイドを発表しています。
参考にされてはいかがでしょうか。