ストレスがたまりやすい人とそうでない人

ストレスに強い人の特徴

忙しい毎日、複雑な人間関係、課せられたノルマ、住宅ローンなど家計管理、満員電車での通勤などなど……現代人は誰もがストレスを抱えながら生きています。
ストレスがたまると体や心に悪影響を及ぼし、健康を害する原因になるのでストレスをためやすい人は十分に注意したいですね。

ストレスフルな現代社会において、同じような環境下でもストレスに強い人は元気です。
しかしストレスに弱い人は、元気がなくなったり体や心に悪影響がでたりします。
ストレスに強い人は現代社会を生き抜く力があります。
しかしストレスに弱い人は、その力が乏しいともいえます。
どうせなら、ストレスに強くなりたいですね。

ストレスに強い人と弱い人の違いはどこにあるのでしょうか。
ストレスに強い人は、周囲とのコミュニケーションが上手といえます。
何か問題が起こったら、周りの人に報告・相談をして力を合わせて解決をするでしょう。
仕事が忙しいときは、気軽に誰かに手伝ってもらっています。
また、休みも積極的に取りますし、休みを利用して旅行やスポーツなど体を動かすことを面倒に思いません。
マイペースで人の目をあまり気にしない人が多く、失敗を怖がらず、チャレンジ精神が旺盛です。
その一方で、手を抜くことも知っており、仕事の進め方にもメリハリがあります。

スストレスに弱い人の特徴

ではストレスに弱い人は、どのようなタイプの人が多いのでしょうか。
このタイプは、とてもまじめで誠実な人が多いのです。
何事もいい加減にするということができず、完璧主義なところがあります。
そして何か問題が起こっても、人に頼らずに自分一人の力で解決しようとがんばります。
周りからの評価を気にする人が多く、自分と他人を比べて一喜一憂します。

このように見ると、ストレスに強い人と弱い人は、正反対の性格であるとわかりますね。
これは思考や行動のクセのようなものですから、ストレスに強い方が良い性格で、ストレスに弱い方が悪い性格というわけでは決してありません。
しかし健康に生きるためには、ストレスに強い人になるように考え方や行動を変えていく必要があります。

ストレスに強い人になるために、次のことを意識してみましょう。
まず、笑顔です。
笑う門には福来るともいいます。
気がつくと仏頂面や無表情になっていませんか?
意識して笑いましょう。

そして他人に相談したり、手伝ってもらうクセをつけましょう。
自分で解決したいと思う思考のクセを変えることが大切です。
また、人は人、自分は自分と割り切ることも大切です。
そして何でもいいからスポーツをするのもおすすめです。
ストレスに強くなるためには、意識改革から始めるのが一番です。