英語を活かせる職業

英語に自信のある方、必見です。
英語を活かすことのできる職業をご紹介いたします。

グローバル化が進む中、日本人とはいえ、英語は必要な時代になってきました。
英語が話せると世界がグンと広がり、今ここで悩んでいることがとってもちっぽけだと思えるほど、世界の広さ、豊かさに触れることができます。
英語が話せる使えるだけでも、接する人や物の範囲が広がり、日本にいても多くの外国人とコミュニケーションを取ることができます。

英会話のスタッフ

最初は誰でもそうだった、英語がなかなか上達せずにいる生徒さんの気持ちがよく分かるあなたにピッタリの英会話のスタッフ。
講師の多くはネイティブな外国人なので、普段の会話は英語。
テキストを作ったり、イベントを企画したり、楽しい英語が飛び交います。

貿易事務

交通網の発達により、外国製品をより身近に感じるようになりました。
そん中、貿易事務の仕事は重宝されます。

輸入の手配は売り買いは英語でやりとりが主流です。
英語の文書作成や読解能力があると、貿易事務の仕事が務まりますね。

秘書

特に外資系役員の秘書や、上司が外国人などの秘書は日常会話は英語のやりとりです。
グローバル化が進む中、外資系に関わらず中小企業も諸外国に支店を構える時代です。

大企業の場合は、役員や社員に外国人が参画することは珍しいことでもなんでもありませんし。
通訳が務まる秘書は1人2役こなせますからありがたい存在です。

通訳や翻訳

最も分かり易いのは、映画や著書の翻訳ですね。
これは英語の能力に加えて、文章の読解能力や、日本語にも長けていないと務まりません。

公的な文書の翻訳にしても、その知識を把握していないことには、務まらりません。
通訳といっても、科学分野、医学分野、情報分野、社会・経済分野、分野によって専門用語が異なります。
英語だけではなく、母国語での専門知識もある程度備えておく必要があります。

航空業界

キャビンアテンダントやカウンター業務では英語は必須です。
毎日、何万もの外国人が日本を行き来します。

旅行・仕事、目的は様々ですが、その方たちをスムーズにかつ快適に目的地へ運ぶための仕事です。
外国人客とのスムーズにコミュニケーションを取れるぐらいの英語力が必要です。

ホテルマン

外資系のホテルや観光名所にあるホテルでは英語が話せるスタッフが重宝されます。
日本でもおもてなしを待ちに待っている外国人へのアテンドは英語が話せないと務まりません。

ほかにも活躍の場はたくさん

サービス業から事務業務まで、英語を使った仕事は幅広くあります。
英語ができるだけでも随分と選択の幅も広がりますね。
特にコミュニケーション能力に長けている人は、どこの業界でも重宝されるでしょう。