コンサルタントという職業

脚光を浴びている職業

noteコンサルタントという仕事は最近脚光を浴びている職業です。
いろいろな形のコンサルタントというのがあります。

マスメディアなどでもコンサルタントという肩書きを持つ人たちがしばしば登場します。
そのために、私たちはコンサルタントの仕事は華やかで
楽しいものなのではないかと思ってしまいがちです。

一般的にコンサルタントという仕事は、高給取りというイメージがあるかもしれません。
また、スマートでインテリジェンスな職業という印象もあるでしょう。
しかし、実際には泥臭い仕事でもあります。

たとえば、経営コンサルタントと呼ばれる人たちは、会社の内情にまで精通しなくてはならないので、
会社の裏側を見ることにもなります。そういう意味でメンタル面でも相当強さを求められる仕事でも
あるわけです。また、長時間労働を強いられることもあります。

それは担当する会社のことを徹底的に調べ上げなくてはならないので、
どうしても、その会社に合わせて行動することになります。そのことで拘束時間が伸びてしまうのです。
また、さらに膨大な資料を十分に理解することも求められます。

さまざまな知識

法律的な面での知識がないと、コンサルティング業務をすることができなくなるので、
そういった法律的な勉強も欠かすことができません。

さらに、コンサルタントは提案するのがメインな仕事なので、提案力も必要となってきます。
経営コンサルタントの場合ですと、自分の担当する会社の建て直しなどを図ることが目的になります。
そういう時にその会社をどうすれば建て直すことができるか、ということを提案しなくてはなりません。

また、すぐにその結果を出さなくてはならないので、スピードも求められることが多いです。
つまり、コンサルタントという仕事は、走りながら考え続けるという姿勢が必要となるのです。
コンサルタントに転職をしたいという人は、
確実にそういう意味では仕事をしていく上で最も重要なスピードが鍛えられることになるでしょう。

このサイトをごらんになってもわかるように、コンサルタントとひとことで言っても
さまざまなタイプのコンサルタントがあります。そこがまたコンサルタントの魅力でもあるのです。

コンサルタントは、さまざまな人たちに対していろいろな提案をするという仕事です。
クライアントが何を求めているのか、どんなことを要望しているのかということを、
クライアントの話をじっくりと聴きながら、どうすればそれを実現できるかということを考えます。

そこでヒアリング力というものも鍛えられますし、
それによって、より生き抜く力というものが身につくことになるでしょう。