クリエーターの創造力

集中力が重要

クリエイターと呼ばれる職業をしている人がいます。
彼らは文字通り、何かをクリエイト(創造)することが仕事です。
新しい発想を得ることで、商品やサービスを作り出していきます。

クリエイターというと、センスとか発想の豊かさが求められるようなイメージを持っている人もいるでしょう。
確かにセンスなどは重要かもしれません。

しかし人間の想像力には、だれにでも限界があります。
どんなに才能のある人でも、永遠に次から次へといろいろなアイデアが出てくるわけではありません。
そこでクリエイターに求められる重要な能力として、集中力があります。

時にはなかなか優れたアイデアの出てこないこともあるでしょう。
しかしそこで投げ出すのではなく、「きっと何かいいアイデアが出てくるはずだ」と思って楽観的な気持ちを持ち、集中力を切らさないようにすることが重要です。

実はクリエイターに話を聞いてみると、創造的な時間というのは一瞬だといいます。
その一瞬を作り出すために、長い時間をかけるのです。
集中力を切らさないようにすることがいかに重要であるかがわかるでしょう。

常識にとらわれないこと

あるクリエイターのはなしとして興味深いことが紹介されていました。
それは中学生の子供であっても対等に扱うというものでした。

通常それなりに大人になると、中学生といえども子ども扱いしたくなるものです。
しかし創造力という部分では、むしろ中学生のようなまだ社会人を経験していない方が、既成の枠に縛られることなく、自由な発想ができる可能性も高いです。

子供の絵を見てみると、大人では考えもつかないような発想で描かれているものもあります。
このように子供であっても、無限の可能性を持っているので、一人の人間として対等に扱おうというわけです。

クリエイターになるためには、ある意味常識にとらわれないことも重要でしょう。
常識からはみ出たところに、想像力を掻き立てるようなヒントが隠されている可能性もあるわけです。

隔離されても構わない

中には、人とつながりのない状態が少しでもあると不安に感じるという人もいるようです。
たとえば、ケータイやスマホをうっかり忘れて外出してしまうと、不安で不安で仕方がないという人もいるようです。

このような人とのつながりが少しでもない状況に耐えられないという人は、クリエイター向きではないかもしれません。

想像力を掻き立てるために、クリエイターの中には、何日もパソコンの前に朝から晩まで向かって、仕事に没頭する人もいるようです。
何日も世間から隔離されたような状況であっても全く平気といいます。
このように仕事に没頭できる、周りを気にしなくてもいい状況が好きという人はクリエイティブな発想を培いやすいのかもしれません。