ファイナルシャルプランナーの経済力

資産運用の提案

最近は資産運用などを含めて、さまざまな金融関係のことに興味を持っている人が増えてきています。

以前は、銀行に預けていれば、預貯金の利子がそれなりにあったので、
それほど財産については心配する必要はないというのが一般的な考え方でした。

ところが昨今は利率が下がり、ただ銀行にお金を預けていれば
それで安泰ということも言っていられなくなりました。

もっと積極的に資産を運用しなくてはならない時代になってきたのです。

そこで登場したのがファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャルプランナーというのは、ざっくりと説明すると、
顧客の資産を総合的に判断して、その人に合った資産運用を提案するという仕事です。

もう少し具体的に言えば、ファイナンシャル・プランナーは、顧客から、収支や負債、
あるいは家族構成や資産状況といったさまざまな情報を聞き出して、
それをベースに住居、教育、老後といったなど将来のその人のライフプランニングに合った
資金計画を立てたり、アドバイスをしたりする仕事です。

その人の持っているいろいろな道具を元にしてこれからの人生設計を
その人と一緒に組み立てていく職業といって良いでしょう。

多くの知識が必要

金融に関する知識だけではなく、法律的な知識というものも求められます。

そのために、多方面にわたる技能が求められるのです。

また、コンサルタントと同じように、提案力やヒアリング力というものも必要となってきます。

法律的な知識をきちんと身につけなくてはならないですし、
さまざまな金融商品に対する知識というものも必須です。

そういったものをきちんと身につけていることができるかの目安になるのが資格で、
ファイナンシャルプランナーになるためには、国家資格であるファイナンシャルプランニング技能士や、
日本FP協会による民間資格を取得していなくてはなりません。

これらの資格を取ることによって、
初めて肩書きとしてファイナンシャルプランナーと呼ぶことができるのです。

専門的な知識がかなり必要となってきますし、国家資格ということもあり、
それなりに勉強をしなくてはなりません。

また仕事そのものもかなりキツイものがあるのですが、
この仕事に就くことができれば、自分自身の将来設計をすることもできるので、
現在は資格そのものもとても注目を浴びています。

【参考サイト】
ユーキャンのファイナンシャルプランナー(FP)講座
>>http://www.u-can.co.jp/course/data/in_html/50/?vl=_semg_s10005311

ですから、こういったファイナンシャルプランナーの講座を受けて、資格を取れば、
ファイナンシャルプランナーとして仕事をすることができるだけではなく、
経済的な面で生き抜く力も身につけることができるでしょう。