営業マンの行動力

強い精神力

shat行動力はどの職種、どの業界でも必須の力ですが、特に営業職に求められる力と言えるでしょう。
営業職というのは、実に泥臭い仕事です。

特に新規開拓をしなくてはならない場合には、根性も求められますし、
粘り強さや打たれ強さというものも求められてきます。

いろいろなところに自分から積極的に動いて行かなくてはいかないので、積極性も必要になります。
黙って待っているだけでは営業活動をすることはできないのです。

売り込まなくてはならない商品やサービスというものを、
どんどん自分から積極的に売り出していき、相手を納得させなくてはなりません。

相手はその商品やサービスを必要としているかどうかはわからないので、
納得してもらうことも必要となってきます。

しかし、そういう行動力を身につけることによって、生きていく自信が生まれるのは確かでしょう。
なかなか結果を出すことができずに、苦しい気持ちになることもあるかもしれませんが、
もしそれなりの結果を出すことができれば、それだけに自信がつく仕事でもあるのです。

営業職に憧れる人たちはそういった達成感を味わったり自信を身につけたりしたいという理由で
憧れている人たちも多いのです。

商品知識を養おう

営業マンというのは、ただやたらと商品を売り込めば良いというものではありません。
自分が売り込もうとしている商品に対する知識がなくては、その商品を売ることができません。
ですから、そういう理解力というものも大切です。

また、クライアントに納得させるだけの説得力も必要となってくるでしょう。
そんな営業マンになりたい人たちの本というものたくさん出ています。

そしてそういう本にはさまざまなヒントが隠されていて、
それらの中には営業マンだけではなくても、現代を生き抜くのに必要と思われるヒントも隠されています。

【参考図書】
営業の魔法―この魔法を手にした者は必ず成功する
>>http://www.amazon.co.jp/dp/4902969513/

この本には、いろいろな営業に必要と思われる事柄を「魔法の言葉」として紹介しています。
そこがなかなかユニークなのですが、それを読んでいると、営業マンだけではなく、
他の仕事の人にも活用できる魔法というのがいくつかあります。

たとえば、「イエス・バット話法」です。
その中に、「まず、お客様の意見を肯定すること」とあります。

最初から相手の話を頭ごなしに否定したり、受け入れようとしなかったりすることは、
どんな場合でも相手からの信用や信頼を失う原因にもなりかねません。

まずは相手の話に耳を傾けてから、いろいろな提案をしていくということが大切なのです。
そういう柔軟性や先入観を持たないことというのは生き抜くための力になるでしょう。