人脈形成

人脈は財産

flowerコミュニケーション力と通じるものがあるのですが、
ひとりで生きていけない私たちとって大切なもののひとつに、人脈というものがあります。

良く人との出会いは財産だという話を聞きますが、
これは世の中が好景気であろうが不景気であろうが関係なく、必要なものだと思っています。

私たちはどんな人脈を持っているかによって人生は大きく変わってくるのではないでしょうか。
それは別に何も有名人と知り合いになれ、というわけではありません。

自分にとって本当に必要と思えるような人と知り合えるかどうかということが大切なのです。
良く学生時代の友人は選びなさいと言われたという話を聞きますが、
それは社会人になってからも同じです。

もちろん、仕事の上では取捨選択をすることができないことが多いのですが、
それでも、やはりそれなりの人脈というものはきちんと作っておく必要があるでしょう。
類は友を呼ぶという言葉がありますが、まさにそれなのです。

自分と同じような価値観を持った人、あるいは考え方がどこか似通っていたり、
お互いに共感を得ることができるような人というのは、安心感があります。

価値観の違う人と話してみる

ところがそういう人たちとばかり一緒にいると、刺激が足りなくなることもあるでしょう。
また、考え方が凝り固まってしまいます。

そういうときに必要なのは、自分とはまったく違った意見を持つ人と話をすることです。
そうすると、別の角度で物事を見ることができるようになるでしょう。
それがとても大切なことなのではないかと私は思っています。

ひとつの角度からしか見ることができないと、人間の考え方というのは凝り固まってしまいます。
そして、他を受け入れることができなくなったり、自分と違った考え方の人を排除しようとしたり
することもあるでしょう。

しかし、いろいろな人と話をしていくうちに、だんだんと「ひょっとしたらこういう考え方もありかもしれない」と思えるようになってくるのです。

それによって人間としての幅が広がってくる場合もあります。
また、同じ業界の人とばかり話をしていると、井の中の蛙になってしまうことも考えられます。

それによって、視野が狭まり、せっかくのチャンスを見過ごしてしまったり、
そのことによって自分の行動範囲なども狭まったりするでしょう。

しかし、そういう時に違う業界の人とも話をするようにこころがければ、
私たちはより広い人脈を作って行くことができるのです。

ですから、積極的に異業種の交流会などにも参加するようにしましょう。
そうすることによって、それまでの自分の世界観ががらりと変わることもあります。