写真・カメラ

カメラを趣味にする人が増えています。
巷では多くの種類のカメラが販売されていますし、デジタルカメラや一眼レフカメラなど用途は様々です。
プロさながらの写真を撮る人も多く、それはやはり、カメラ自体の性能が良くなっているこも言えますし、カメラ教室も増えていますからね。

カメラの楽しみは、目でみた景色や物、人をいかに映し出すか。
一瞬の表情、風の流れ、一瞬一瞬は二度とみることができません。
例え同じ風景でも、光の角度、天候、季節、高さ、どれをとっても同じようにはなりません。

写真に向いている人

カメラは一人でじっくり向き合える人に向く趣味と言えます。
旅行や仲間うちと撮る写真ではなく、正面の物や景色、人にじっくり向き合う時間が必要です。

角度や、表情など細部にこだわって、じっくり時間をかけなければ、インスタントカメラで撮るのとなんら変わりませんからね。
旅行でも散歩でも一人の時間を持てる人がカメラと向きあえます。
日常に転がってるいつもの風景でも、写真に写すとまた違った風景になりますし、日常の些細なことでも、一瞬をとらえることでまた別の世界が広がります。

カメラを始めるには

カメラを趣味にするには、まずカメラを購入するか借りるかして手に取らなければ何も始まりません。
カメラの場合、センスがとっても肝になります。

独学でもプロ並みの写真が撮れる人もいますし、カメラの教室に通ってもあまり上手にならない人もいます。
自信がない人はまず教室に通って、カメラの仕組みをマスターした方が良いですね。
反射や絞り、モノクロ、レンズ調整など、綺麗な写真を撮るためにもカメラを使いこなせなければ、どれだけ高いカメラを買っても宝の持ち腐れになってしまいます。

カメラの種類

大きくわけると、デジタルカメラ、一眼レフカメラがあります。
デジタルカメラは比較的安価で、技術力がなくても、自動補正や調整ができるので、素人でも簡単に操作ができます。

一眼レフは、カメラを趣味にするには持っておきたいアイテムではないでしょうか。
技術をマスターすれば、プロ同様の写真を撮ることができます。
一眼レフでは、画質、レンズ調整、ピント調整など、色々と調整ができます。
また、デジタルカメラの場合は自動調整が多いですが、一眼レフの場合、手動での調整なので、写真に味が出ます。

カメラの魅力

カメラの魅力は、被写体との向き合う時間だったり、出来上がりの写真を見ることだったり、いたるところで、満足ができます。
同じ風景でも、写真の上手い人が撮るとこうまで違うのか、同じカメラを持っても手に取る人でこうも違うものか、と思うほど。
写真にには不思議な力があります。
最近では高機能、高性能のカメラが多いので、少し勉強するだけでうまく撮影することができます。