釣り

魚釣りを趣味にしている人も多いことでしょう。
川岸で魚釣りを楽しむもよし、船を出して沖で魚釣りもよし、その楽しみ方は千差万別です。
そんな魚釣りの楽しみ方をご紹介しましょう。

釣りの楽しみ方

楽しみ方は人それぞれ違うのですが、それほど、楽しみに感じる個所が多いのが魚釣りです。
魚そのものに魅力を感じてる人もいますね。
なかなか釣れない魚が釣れた時の感動は計り知れませんし、希少価値の高いレアな魚を釣ってもまた感動です。
釣った魚を味わうことを楽しみに感じている人もいることでしょう。

逆に、サンマが食べたいからサンマを釣りに行くなんて人も。また、釣り方をあれこれと試行錯誤することが楽しいという人もいます。
魚によっては、このルアーが良いとか、天候や場所を見て、連れそうな魚を求めて魚釣りを楽しむのも1つの手です。
魚釣りの醍醐味は待つことでは。
この待ち時間を思い思いにこ過ごせる人はとっても楽し魚釣りです。

魚が釣れた時をイメージしてみたり、自然の中で飲むお酒を満喫したり、この待つ時間こそが、重要とも言えるのです。
待ってる時間、暇そうに見えるのですが、そんなことはありません、いつ引っかかるか分からない獲物を待ち続けるので片時も目が離せません、本を読んだりスマホをいじったりする余裕はなく、ひたすら、釣竿を眺めては、待ち続けるます。

朝から晩まで1日中、魚釣りに明け暮れても1匹も釣れなかったなんてザラです。
いつもいつも魚が釣れるわけでもなく、それがまた良いんですよね。
釣れるか分からない、いつ釣れるかも分からないそんな時間を過ごすことにロマンを感じるのが魚釣りです。

自分で釣った魚を生の状態で食す。
これほどの贅沢はありませんね。
鮮度抜群、釣る前まで泳いでいた魚です、その状態の刺身は格別です。
このように、魚釣りの楽しみ方は人それぞれ、一人シッポリ魚釣り、複数でワイワイ魚釣り、どんな釣りでも楽しめます。

魚が釣れる時期

河、海、魚の生息地は様々で、また季節や気候によっても異なります。
魚は数えきれないほどの種類が生息して未知数です。

冬には、アイナメやアマダイ、ウミナタゴ、カレイ、カワハギなどが至るところで釣れますし、この時期が最も身が締まって美味しいです。
春になると、幼魚が増え、アオリイカ、イサキ、キスやメジナ、スズキなど。魚屋さんにも多く並ぶ魚が釣れます。
夏には、クロダイやタコ、タチウオ、ハタなどが釣れますし、秋には、ヒラメ、ヒラマサ、カンパチ、カサゴ、サンマなどがよく釣れます。

秋の味覚にも登場する魚の顔ぶれです。
どの季節でも魚が生息しているので、年中魚釣りを楽しむことができます。
魚釣りを通じて多くの魚の種類を知るのもまた楽しいです。