ピアノ

脳に多くのメリットをもたらしてくれる

ピアノは趣味とするにはやや敷居が高いと考えている人も多いのではないでしょうか。
ですがピアノを始めるのはそこまで難しい事ではありませんし、ピアノを趣味として楽しむ事でさまざまなメリットを得る事ができます。

まずピアノをする事のメリットを知り、現在ピアノを始めようかどうか悩んでいる人がピアノを趣味にする第一歩となれば幸いです。
では、ピアノをする事のメリットとは一体どのようなものがあるのでしょうか。

まずメリットのひとつは、ピアノを弾く事で脳を刺激し脳が活性化するという事です。
ピアノを弾く時には基本的に右手と左手を別々に動かす事になりますから、それによって左脳と右脳とが同時に刺激されます。
それだけでなく楽譜にそって細かく指を動かしますから、これもまた脳への良い刺激となります。

また楽譜を読み取る力、メロディーを記憶してそれを演奏する力など、ピアノを弾くという事は脳にさまざまな刺激をもたらす行為です。
脳が刺激されるとボケ防止にもなりますし、楽譜通りに曲を弾けたという達成感はストレス解消にも大きな役割を果たしてくれるでしょう。

またピアノを弾いていくうちに音楽的な素養も鍛えられ、音を聞き取る能力が鍛えられます。
大人ならば何かの付き合いでカラオケに行く機会も増えますから、そういった場面で音楽の素養が鍛えられていると重宝するのではないでしょうか。

また音を聞く能力が鍛えられていると、音楽を聴く時に今までは気付かなかったような細かな違いや表現に気付く事ができ、より音楽を聴くことを楽しめるようになりますし今までは興味の無かったジャンルの音楽も楽しめるようになるでしょう。
ピアノを弾くという趣味は、ピアノを弾く時だけでなく音楽を聴くという趣味にも大きな影響をもたらしてくれる趣味だと言えます。

デメリットも多い、趣味としてのピアノ

ですがピアノを始める場合にはいくつかのデメリットを知っておかなくてはいけません。
そのデメリットで一番悩みとなるのは、ピアノを置く場所に関する事です。

現在では電子ピアノなども販売されており、グランドピアノなど非常に大きなピアノを購入しなくても大丈夫になっていますが、それでもやはり一定の空間が必要となります。
生活の空間の一部が永続的に使えなくなってしまうので、もし部屋が狭いという場合はピアノの置き場所を考えなくてはいけません。
ただ、電子ピアノなどの場合は専用の台から取り外してしまう事もできるので、普通のピアノに比べると置き場所には困らないでしょう。

もうひとつは大きな音が鳴ってしまうので、どうしても近隣への迷惑を考えなければいけないという点です。
ピアノは音を出すものですし、曲によっては大音量となってしまう事も多くあります。

そういった時に近隣への迷惑を考えないとトラブルの原因となってしまいますから、ピアノが弾ける時間が限られてしまうという事も多くあります。
ピアノ教室などに通えばこういった問題はなくなりますが、今度は月謝などで余計な出費がかかってしまうというデメリットも出てきてしまうので、ピアノを始める場合にはこういったデメリットがある事を知り、その上でどのように対処するかを決めてから始めるようにしましょう。