スイミング

体づくりに最適で、大人から子供までやりやすい

スイミングといえば、大人から子供までスイミング教室で講習を受けられる事を知っている人も多いのではないでしょうか。
まずスイミングのメリットは体への負担が他のスポーツに比べて軽いので、大人だけではなく子供でも体に負担をかけずに運動が可能であるという点です。

またスイミングは全身の筋肉をバランスよく鍛えられるスポーツで、全身をくまなく使いますからダイエット効果も非常に高いスポーツです。
体への負担が少ないですから途中で運動するのが辛くなって継続しにくいという事もなく、きちんと運動を続けて太りにくい体づくりをする場合にも役立ちます。

またスイミングは常に水圧のかかる中で運動をしているため、肺が鍛えられます。
肺を鍛える事はぜんそくなどになりにくくなるだけでなく、風邪をひきにくくするという効果も期待できます。
特に社会人になると仕事などで運動をする事が減り体力が衰える事で風邪をひきやすくなってしまいます。

スイミングをする事のメリットは、泳ぐだけで基礎的な体作りをすることができ、さらに風邪をひきにくい体にする事ができると大人にとっては非常に魅力の多いスポーツとなっています。
社会人ともなると風邪をひいて会社を休むと後々になって困る場合も多いですから、風邪をひかない体づくりができるスイミングはおすすめです。

スイミングを始めるためには、当然ですが水着などが必要となります。
ただこれらはそこまで費用をかけず、シーズン中でなければセール品として安く水着を購入する事もできますので、初期費用はそこまでかかりません。

しかしスイミング教室などに通う場合は月額として講習費を支払う必要がでてくるため、定期的に通うのが難しいという場合はスイミング教室に通うのではなく、温水プールなどに自分で行く方が安く済む場合も多くあります。

スイミングのデメリットとは

スイミングのデメリットは、行える場所がプールに限られているという点です。
特に夏場など海水浴シーズンになると、海に行けない小学生や家族連れでプールが埋まってしまい、スイミング教室などに通っていない人はスイミングを行う場所が確保できないという場合も多くあります。

また基本的にプールの使用料などが必要となりますので、何度も通うと費用がかさんでしまうというのもデメリットと言えるでしょう。
泳ぐだけとはいっても専門的な知識が必要となる場合もあり、そういった時にはトレーナーなどに相談をしないと間違った体づくりをしてしまう危険もあります。

そして気を付けておきたいのは、スイミングは体づくりの役に立つとは言っても冷たい水の中を泳ぐスポーツであるという事です。
近年では温水プールなども増えてきていますが、やはり基本的には冷たいプールを泳ぐので体調管理をきちんとしておかないと体づくりをするはずが風邪をひいてしまうという結果にもなりかねません。
もちろん体力づくりとしてスイミングは適していますが、最初のうちは無理をせずにきちんと体調を整えて行う事を心がけましょう。