テニス

学生でも社会人でもスポーツを趣味にするのは健康的です。
定期的に体を動かすことで、なまった体が活性化され、仕事や勉強への活力にもなります。
スポーツを趣味にする人は多く、多くのスポーツの種類もたくさん。
中でも、今日はテニスに着目して、見てみましょう。

さまざまな場で楽しめるテニス

中・高では、体育の授業にもありますし、部活にも。
大学では部活やサークル。
社会人でもテニスサークルはあり、年齢も幅広く楽しまれているスポーツで、長い間、人気のスポーツとして不動の地位を確立しています。
テニスは、どの世代でも、楽しくかつ、気軽に楽しむことのできるスポーツなので、プロアマ問わず、長い年数楽しんでいる人が多いです。

スポーツとしての特徴

限られた区画の中で、玉を追いかけ走り、ラケットを振る。
かなりの全身運動です。
他のスポーツと比べたテニスだけの特徴楽しめるポイントをご紹介します。

テニスは少人数制です。
多くてもダブルスの2対2の4人です。

シングルだと2人で可能ですし、壁打ちであれば1人でもできます。
そのため、運動の強度が個人個人で合わせやすいです。
対戦にこだわらずラリーを続けたいなら、同じぐらいのレベルの人とするのがベストです。

腕試しやゲームとして楽しむのなら強い相手とすると別の楽しみ方ができますし。
運動力としては全身運動なので、体のバランスが良くなり、限られた面積とはい、全速力で走ることも多いので、心肺機能が高まります。

また、上達してくると、頭脳戦になるので、脳の活性化が期待できます。
テニスの特徴である、ラケットにボールをあてて相手に打ち返す、この運動が気持ち良くストレスの解消になります。
ラケットの真ん中にあたり、ボールが飛ぶと、かなり気持ち良いですよね。
また、ケガをする割合が少ないスポーツとも言われています。
緩く楽しむこともできますね。

同じプレイヤーと交流できる

テニスをしている人はプロアマ問わず多いです。
巷では、テニスクラブが多数あるほどです。
年齢も問わず、老若男女楽しめるスポーツです。
部活やサークル至るところでテニスをする場は広がっています。

そのため、テニスを始めるとたちまち多くの仲間ができ、ラリーの相手も事欠きません。
世界でも広くやられているテニスですし、世界共通のスポーツなので、例え会話ができなくても、テニスを通じて交流ができます。
大学や社会人サークルでもテニスサークルは多いですよね、はじめようと思ったその時からいつでもできるます。

最近体がなまってきているな~と感じたら、テニスを始めるのもありでは。
日々の仕事のストレスも一気に解消できて、心身ともにリフレッシュできるこスポーツです。
仲間とも楽しめて交流も広がるので一石二鳥。